僕とマフィンと工房で


西宮市でパン屋を経営するオヤジのブログです。パン、ケーキの事、カフェの事、愛犬マフィンの事などを語ります。
by esquerre
カテゴリ
全体
ペット
グルメ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
生憎の雨でした、芦屋音ま..
from アコースティックギター生涯の1本
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

韓国バーガー事情

先日、韓国に行った時に韓国のバーガー屋に何件か行って韓国のバーガー事情を調査しました。韓国にも当然マクドナルドはあるしバーガーキングもある。でも、個人店でのバーガーショップは数少ない。

韓国へ行った時の私の印象は「アメリカ」でした。車は右側通行で左ハンドル。交通ルールもアメリカとほぼ一緒で常に右折可で左折は矢印のみで先に左折のランプがついて直進させる。横断歩道はありますが、すぐに点滅してせわしない。車線も広く片側5車線が多い。フリーウェイは無料が多いし、フリーウェイの案内板もアメリカと一緒。

それに溢れんばかりの車の量。でも日本車は意外と少なかった。私が契約している会社の事業本部もアメリカ映画に出てくるのと一緒。フロア一面にデスクがあって重役はそれぞれガラス張りの部屋を持っている。

こんなにアメリカしてるのにバーガー屋が少ない???なぜ?肉を食べる文化は日本より進んでると思うし抵抗はないはず。おしゃれなカフェもあちこちに点在している。

でも、私が感じた印象ではパンを食べる文化は日本ほどないかも?日本の主食はもちろん米。私もパン屋ですが米は大好きです。今や日本の製パン技術は世界一とも言われております。米を食べる分、朝昼晩とはいかないまでも朝ご飯にパンを食べる方は多いです。

私たちが住んでいる神戸地方は日本でも横浜と並んでパン消費がトップクラス。それだけにパン屋も多いし食べる方もたくさんいる。でも逆にそれだけ競争が激しいって事もある。パンを食べるお客様の口が肥えてるとも言える。

ヘタなパンを売っていればお客さんはすぐに来なくなる。だから毎日お客さんとの勝負です。明日もまた来て頂けるように満足のいく商品を提供し続けなければいけない。お客さんに育てていただいているのです、我々パン屋は・・。

っと言う目で韓国のベーカリーを見てみるとまずベーカリーの数が少ない。もちろん神戸に比べるとですが・・。もちろん、しっかりとしたパンを売っているベーカリーもありますが「?」と言うパンを売っているお店もあります。

だからもしかしたらバーガーは「肉」ではなく韓国の方にとっては「パン」なのかも?バーガーを食べる時に「肉」か「パン」かを考えたことはないのですが、パンを食べる習慣があんまりないのでバーガーはまだまだ浸透していないのかも?と考えます。もちろん、私個人の考えです。

確かに何軒かの韓国内(ソウル中心です)のバーガー屋に行きましたが、どこもバンズ=パンのことはあまり考えていなのかも?という感じです。はっきりいって美味しくない。こんなバンズでバーガーを作っているバーガー屋は日本ではおそらくない。いや、あってもすぐに閉店に追い込まれるだろう。

バーガーは味のバランスを考えないと大変な食べ物になってしまう。バーガーをかじるとバンズ、パティ、ソース、野菜が一気に口の中に入ってくる。そんな食べ物は、バーガーやサンドイッチ以外は滅多にない。その口の中を想像しながらバーガーを作る。

みなさんは考えてもなかったと思いますが、バーガーを組み立てる順番も各お店は考えています。野菜の上にパティーを置くのか?野菜の下にパティーを置くのか?ソースはバンズに付けるのか?パティーに付けるのか?等々です。この順番で食感が変わったり香りが違ったりするんです。不思議でしょ?でもだから面白いんです。

d0107352_10464394.jpg


これは韓国のあるバーガー屋のバーガーです。パティーは牛肉100%でしっかりしているのに、パンが柔らかすぎてバランスが悪いです。韓国では食べやすいように半分に切っているところが多いらしいです。でもバーガーって半分に切るとかえって食べにくいんですけどね・・。

d0107352_1048748.jpg


これはソウルでは一番人気のチェーン店のバーガーです。ここも半分に切っています。味は、やはりパンが美味しくない。柔らか過ぎて最後は、フニャフニャになっちゃいました。

d0107352_10501614.jpg


これは、ソウルでも人気のあるスポーツバーのようなお店で売られているバーガーです。まず驚いたのが玉ねぎ。お皿の右側にトマトの下になっているのが、スライスオニオン。スライスって言うか太すぎでしょ!それと奥にあるのがクラウンと呼ばれるバーガーのバンズの上の部分。通常、グリドルで切った面を焼いてカリッとさせるのですが、焼いた形跡がなくとても柔らかい。よって、食べにくい。

d0107352_10554422.jpg


そして、これは同じ店でオーダーした「チリバーガー」!どうです?すごいっしょ!バンズがチリソースに埋もれてます。カレーか!?と言いたくなる状態に例の太いオニオンスライス・・・。もう、言葉を失いました・・。
「いったいどうやって食べろと?」と言いたくなるバーガーでした。そして、もう一発、「どうやって食べるの?」シリーズ第二弾がこちら。

d0107352_10574566.jpg


ここも人気のあるバーガー屋での名前は「キス ミー レイター」です。ここの名付けは面白くて、どうやらオニオンフライをたくさん食べるのでキスは後でね!的なネーミングか?これは私の推測です。でも、どうやってたべるの?

d0107352_1102230.jpg


これは同じ店で頼んだ名前は忘れましたが、バーベキューソースがたっぷりかけられたバーガー。このバーベキューソースが濃いこと濃いこと・・。紙ナフキンを20枚は使いました。


以上のようなバーガーが受け入れられている韓国でうちの「ダイナマイトバーガー」が果たして受け入れられるのか???疑問で不安ですが、韓国のバーガー業界に一石を投じるつもりで頑張ります。ハァ~・・・。
[PR]

by esquerre | 2009-03-29 11:08
<< 1Fテラス席リニューアルしました! ダイナマイトバーガー海を渡る! >>