僕とマフィンと工房で


西宮市でパン屋を経営するオヤジのブログです。パン、ケーキの事、カフェの事、愛犬マフィンの事などを語ります。
by esquerre
カテゴリ
全体
ペット
グルメ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
生憎の雨でした、芦屋音ま..
from アコースティックギター生涯の1本
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ライブ情報

11月18日(日) 18時開場 19時開演

「a.r.m」  チャージ2500円(1ドリンク付)

・「a.r.m」はカフェライブ2回目の登場です。彼らの素晴らしいハーモニーに癒されてください。
ホッコリしたライブです。

ご予約・お問い合わせ・・・カフェ 078-903-0761 

d0107352_542381.jpg

[PR]

by esquerre | 2007-11-09 05:04

「3 Great American Voices」に疑問?

先日、大阪城ホールで開催された「3 Great American Voices」というイベントに参加しました。キャロル・キング、メアリー・J・ブライジ、ファーギーというビッグネームの夢の競演です。

私のお目当ては、キャロル・キング一本です。嫁もキャロル・キングの大ファンで楽しみにしていました。大阪城ホールに行ってみると、やはり色んな年代の方が観に来ていましたね。

年配の方は、キャロル・キング目当てで、「ここはクラブか?」というファッションに身を固めた若者はファーギー、メアリー・J・ブライジ目当てであろう。しかし、この3人の接点は何なんだろうか?ちょっとキャロル・キングは浮いてないか?という心配もしつつ開演を待ちました。

予定より20分ほど遅れていよいよ開演。何とトップバッターはいきなりキャロキング。予想では最後に出てくると思ったんだが・・・往年の名曲と新曲を織り交ぜてのすばらしいステージである。

キャロルの歌声は健在で素晴らしく伸びがあり迫力もあった。ピアノもガンガン弾いてギターも披露。曲中に日本語で「みんなも一緒に!」と言って観客を煽ったが、英語の歌詞がわからずほとんど誰も一緒に歌えなかった時は、キャロルも苦笑い・・。

そして皆が待ちに待った名曲「You got a friend」の時は、私も全身鳥肌!周りのキャロルファンは号泣でした。

一時間弱のキャロルのしっとりとしたステージが終わり、舞台転換に20分かかってから次に登場したのが「ファーギー」。私は彼女の曲はまったく知らず、楽しみにしていた。

いきなり始まったと思ったら、キャロルのステージとはまったく違い大音量の大迫力!特にベース音ウーハーが効きすぎで私の服もお腹もビリビリ震えるほど・・。そして、若者たちは踊りまくる。大阪城ホールがクラブと化していた。

私も知っている曲も何曲かあったが、とにかく音が大きすぎてうるさい!こりゃあ、クラブ通いの若者に難聴が多いのもうなずける。

ファーギーのステージが終わった頃は、私も嫁もクタクタ・・。時間も9時20分だったので、明日も早いし最後のメアリーのステージを残して帰宅しました・・。

何かキャロル・キングの余韻もすっ飛んでしまって、ファーギーの曲が頭にこびり付いて離れない。しかも全身に疲労感。

やっぱりこの3人の組み合わせは、おかしいよ!日本でいったら「さだまさし」の後に「ドラゴンアッシュ」を観るようなもので、客層も音楽性も全く違う。チケットもやたら高いし疑問が残る。

このライブが今年最後のライブだったのに残念だ!チクショー!
[PR]

by esquerre | 2007-11-07 10:04